FUJIリサーチ 浮気調査プロモーション
結婚詐欺にあった証拠

結婚を前提であったことを立証するために必要な証拠とはどのようなものでしょうか? 下記のようなものが詐欺被害にあった場合、重要な証拠になるようです。

  • ・相手から婚約指輪をもらった
  • ・手紙やEメール
  • ・会話中に婚約を思わせるような言葉が録音されたもの
  • ・金銭を現金で受渡した場合、金額、日時、場所の記録
  • ・相手との交際日記

「騙されていた」「騙されているかも」と気づき、交際相手の証拠を持って調査会社に相談すれば 相手を高い確率で特定できる可能性が出てきます。

信じていた相手が調べるのには、個人の力では限界があります。専門家を利用してとことん調べてみる方法もあります。